忍者ブログ
パワースポット:生命力や幸せを増幅させるエネルギーが享受できる日本のパワースポットを紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■パワースポット:富士山

全国的かつ世界的にも有名な富士山ですが、富士山も有数のパワースポットの一つです。しかし富士山へ登山をして・・・・・となると、とても大変な上に慣れていなければ危険な部分んもあります。

そこで、登山をしなくても、もっと身近でパワーを感じられるパワースポットを探してみましょう。

■富士浅間大社
静岡県富士宮市にある富士浅間大社は、ご神体を霊峰富士として崇めています。そのうえ、市街地にあるのでアクセスはとても便利です。

この神社の手洗場の水は富士山の湧水をひいており、とても強いパワーを持っています。

直接富士山登山ができなくても、富士山の強いパワーを受けることができます。

ぜひ一度訪れてみましょう。

【参考】
●富士山の語源
富士山は、古文献では不二山もしくは不尽山と表記される。

また、『竹取物語』の最後の章では、かぐや姫から不老不死の薬を授けられた帝が、家臣に命じて不老不死の薬を駿河国にある天に一番近い日本で一番高い山の山頂で焼くという描写があるが、最後の記述は、その不老不死の薬を焼いた山のことを、「以来、その山のことを、富士山と呼ぶようになった」(要旨)というものとなっている。これは日本最高峰の並ぶものの無い「不二」の山という意味とされる。その後、鎌倉時代以降に表記が転じて「富士」となった。これは「士が富む」として武士好みの表記であったという。

近代後の語源説としては、宣教師バチェラーは、名前は「火を噴く山」を意味するアイヌ語の「フンチヌプリ」に由来するとの説を提示した。しかし、これは囲炉裏端に鎮座する火の神の老婆を表す「アペフチカムイ」からきた誤解であるとの反論がある(フチ=フンチは「火」ではなく「老婆」の意味)。その他の語源説として、マレー語説・マオリ語説・原ポリネシア語説などがある。なお英語では “Mount Fuji” または “Mt. Fuji” と表記する。以前は「山」を訓読みし “Fujiyama” とすることもあったが近年では稀である

                                    富士山の語源は《Wikipedia》より引用
●富士山関連の年間行事・イベント

●富士山へ行くには
 
 ・アクセス


●パワースポット、富士山:宿泊


PR
HOME
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Special Thanks
キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
パワースポット
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。
また、当サイトでは、外部サイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube) の閲覧状況に応じて、ユーザー様に興味のある広告を配信しています。 詳しくは興味/関心に基づく広告-AdSenseヘルプをご覧ください。

サイト管理者

Copyright © [ 癒しの日本パワースポット探訪 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]